ショービズの世界に入る

芸能

注目してもらうための方法

テレビタレントになればお茶の間にいる多くの人たちに笑いや感動を届けることができます。タレントになるには番組やプロダクションのオーディションを受ける必要がありますが、他の志望者よりも印象を残すためには戦略が欠かせません。まず何よりも大事なのは社会人としての礼儀です。タレントは大勢の人前でインパクトを残せる人の方が時代を風靡するため、存在感を重視してオーディションでも奇抜なことをやりたくなるものです。しかし芸能関係の人たちは共に働く上で不安になる人は採用しませんので気をつけましょう。社会人としてきちんとした挨拶や敬語は欠かせないものです。タレントオーディションで最も力を入れたいのは自己PRです。提出した書類に書かれた通りのことを言うのではなく、内容を噛み砕いたり審査員が質問したくなったりするような会話を取り入れましょう。この時、本当は自分の特技ではないことを喋ったり経歴を偽ったりするのはNGです。特に特技はその場で披露してほしいと言われることもありますので、必ずできることを語りましょう。自己PRではできるだけ人より勝っている経歴を話したくなるものですが、ネガティブな要素で笑いをとることもできます。海外旅行で苦労した話や経歴の問題を面白おかしく話すことで他のオーディション参加者よりも惹きつけることはできるのです。タレントは星の数ほどいますが、成功している人は他の人では経験したことがないような話題の引き出しを持っているものです。