タレントの仕事の取り方

子供

子供向けの審査会に出る

雑誌やファッションショー中心に活躍するキッズモデルと違い、子役は映画やテレビに出る仕事が中心となります。子役として今後仕事をしていくには映画やテレビ向けのオーディションを受けるのが近道なので、チャンスがあったら積極的に受けていきましょう。ただし子役としてオーディションを受けるには、芸能事務所に所属していることが必要です。そこでオーディションを受ける前には、芸能事務所に登録しておくようにしてください。これなら芸能事務所が応募してくれるので、いちいち自分で応募先を探したり書類を送ったりしなくてすみます。また事務所によってはオーディション用に演技や発声のレッスンをしてくれるので、その分良い結果を出すことも可能です。とはいえ芸能事務所に所属したからといって、すぐにマネージャーがついたりすることはありません。はじめは衣装の用意から交通費まで自腹でやっていかなくてはいけないのでそのつもりでいましょう。それでも子役として実績ができてくると、事務所がマネジメントしてくれるようになるのでそうなれるまで頑張ることが大切です。なお子役のオーディションも大人と同様書類審査から始まって最終審査まで段階を踏んで行うので、そのつもりでスケジュールを管理していくようにしましょう。そうして無事合格した暁には、テレビや映画で活躍していくことができます。さらに売れっ子になればオーディションを受けなくとも指名されて役がもらえるようになることもあるので、そうなると子役としても安定した収入が得られるようになります。